プロフィール

カトヤン(KATOYAN)のプロフ~”

はじめまして、現在会社経営者のカトヤン(KATOYAN)です。

今の会社は4社目になります。

起業して色々学び現在に至ります。

メインはリアルビジネス。

そして副業的にせどりをやっていますが、週1で1時間くらいしか
実際やっていないんですが、売上だいたい100万はいってるかと思います。

せどりはかれこれ8年くらいやっています。
本業ではなかったのでそれまでのせどりノウハウを無料で友達や知り合い社長に
教えてきました。

初月に月商200万になったよありがとうというLINEが来たり、
せどりを本業にしてしまったり、教えた人に変化が!

実際、その人達の人生はこのせどりにより少なからず変わりました。

もちろん何も変わらない人もいます。

その違いは何なのか!

そう!マインドです!

やるんだ!こうなんだ!という強い想い決意がある人は強い。

ただ、それは疲れちゃうという人も多いと思うのでとりあえず、
楽しみながら持続して結果が出せるものをなるべく皆さんと共有していきたいなと思います。

 

今となっては、ビジネスしたり、せどりしたり
バンドしたり、マジックしたり、家族サービスしたり
面白い事を探す旅に出てます☆

そもそも本格的にビジネスというものに本気で考えるようになったのは
27歳くらいだろうか。

バンドを24歳くらいから始めて、念願のCD全国発売、全国ツアー
憧れのHi-STANDARDのジャケットを描いている人に自分のバンドのジャケットを
作成してもらい、メジャーだとポニーキャニオンからもリリースできました。

当時は、今が楽しければ良いという考え方が主でした。

しかし、バンドが休止状態になり自分は廃人になりました。

何か生きる目的!何かを見つけないと自分は終わる!

そうやって気力もなく日々過ごしていたらちょっとした転機が訪れました。

TSUTAYAでビジネスレンタルDVDというコーナーがありました。
なんだこれは!と思い、適当に何枚か借りて見てみたら
完全にスイッチが入りました。

何かが自分の中に入ったんでしょうかね☆彡

考え方、生き方、生活習慣、全てにおいて今までの自分はただのわがまま少年A
という事に気が付き、幸せやお金の稼ぎ方や人生の学びをがむしゃらに知る喜びを経験したのを
思い出します。

そういう世界は今まで味わったことがなかったのでだいぶ興奮したのを覚えてます。

どういったのを見たかというと(13年くらい前だっただろうか)

『ザクザク稼ぐメールマガジン』石田健
『インターネット錬金術講座』石田健
『億万長者専門学校』クリス岡崎
『1人ビジネスであなたも1000万円稼げる!』西田光弘
『情報企業のススメ』進藤慈久
『学校で教えない億万長者の授業』鳥居祐一
『自由な時間とお金をゲットする思考法』鳥居祐一
『FX実践』田嶋智太郎
『ブログで無料で簡単に稼ごう!』林夏樹
『Yahoo!オークション成功法!』松井高志
『誰でも稼げるアフィリエイト入門』伊藤哲哉
『潜在意識を活用して着実に億万長者になる方法』宮川明

TSUTAYAにあるビジネスコーナーのDVDはほぼ全部見たと思います。
その中でも自分が本当に凄かったと思う作品を挙げさせていただきました。

最近はそういったビジネスDVDを見ていないんですが・・・

そして、ビジネス書をひたすら当時は読んでました。

特に斉藤一人さんの本は自分の人生観をガラリと変えました。

そして初めて自己啓発を知りジェームススキナーの本を読み
テレビ東京でやっていた
幸せを掴むTVセミナー
『成功への9ステップ』
このテレビを録画して何回見たことか!

かなりの回数見た記憶があります。

心からワクワクしてもう起業する以外道はない状態になりました。

ここまで沢山の学びを入れてしまうとサラリーマンにはなれません。

というか、生まれて自分は1度も就職をした事がありません。

社会の厳しさはアルバイト止まり。

アルバイトでもきつくて実は将来めちゃ不安でした。

こんなんで、本当に結婚できるのか。
こんなんで、将来大丈夫なのか。
ラッシュアワー気持ち悪いんですが、乗らないといけないのでしょうか。
上司に怒られたら、やだな~。

実際に今はどうでしょう。

うん、何とか毎日楽しくみなさんのおかげでサラリーマンよりも多い収入得てます。

クリス岡崎さんもレンタルDVDで言っていました。

億万長者になるには、人やお金というレバレッジを使って億万長者になれと。

一人では億万長者は難しい。

その通りですね。

ただ、いきなり会社を興すというのは正直無謀すぎです。

右も左も会社も何にもわからない自分。

起業したい気持ちは誰よりも強く持っている自分。

なんだか気持ちと知識のレベルが追い付いていません。

そういった方に少しでもお力になれたらいいなと思っています。

こちらのメルマガにはその様々なヒントが必ず得られるはずです。

なぜなら!

全てこのメルマガにノウハウや思いなどを書いてるからです。

出し惜しみは絶対にしません。

ありのままの自分や今のビジネスやお金の儲け方、人生の楽しみ方、
更には失敗談やマインドなどなど自分が学んだことは全て書きます。

人脈は金脈になります。

人との繋がりは大切で楽しく生きている人と自分はより多く繋がっていけたら
考えています。

 

では、なぜ何もわからない自分が起業や会社を興すことができたのか!

ズバリ!起業したいという強い気持ちがあったから!

これだけです。

すると、不思議な現実が自分の目の前に現れます。

想いが現実になるんです。

そして行動を起こす。

これだけです。

なんと自分に出資してくれる人が現れました。

こういうのって引き寄せの法則!?

強い思いがあると必然的に出会う人と出会うんですねこれが。

そこからは、その人と会社を学び、経営を学び、かなり儲かりました。

今言えることは、何でもそうですが、その世界を経験している人に
話を聞くのが一番という事。

自分はこの約10年のビジネスで学んだ失敗や成功をみなさんにお伝えしたいと
思い、書いています。

良い事はどんどんアウトプットしていきます。

アウトプットする事で読んでる人に少しでも役に立ちたい。
アウトプットする事により自分も再確認できたり、
良い情報であればより信頼してもらえると思うからです。

本物の情報はネットには載っていません。

実際自分が知っているせどりノウハウはどんなにネットで調べても
載っていないんです。

自分がせどりを始めたきっかけは人からです。

その人は月商300万円。

そんな人が情報をただで教えると思いますか?

答えは半々!

普通は教えない。

ただ彼は自分にそのノウハウを全て教えてくれました。

あまりにも今までとは違う世界でしたのでこれは衝撃でした。

なぜ教えてくれたかというと、彼は元自分の会社のスタッフで彼のクレームにより
自分の会社が30万円の損失を被った事がありました。

それでも自分はしょうがないな~と許した事が過去にあったからかなと
勝手に思っています。

そういうのが無くても普通に教えてくれたかもですが(笑)

とにかく、ネットによくある3分で10万円なんて普通は稼げません。

稼いでる人はそれを仕掛けてる人だけです。

だから、その仕掛け人になればいいじゃないかなと思います。

ただ、いきなり仕掛け人にはなれません。

そうなる為には知識と行動を繰り返し自分の経験値を上げていく事です。

自分は今30代ですが、なんとかこの30代で常識やぶりな事を沢山していきたいと
思っております。

それは一人ではできません。

皆様の力が必要です。

協力してそれぞれがWINWINの関係になり、全てが楽しくできたらいいなと☆彡

あくまでも理想ですが・・・

それに少しでも近づく為に、やらなかった事に挑戦していきたいと思います。

とりあえず、せどりというビジネスは稼げます。

1日5万円は稼げます。

リスクとしては最初に商品を仕入れるのでお金やクレジットカードが必要という事です。

5万円稼ぐには20万円は必要になるかと。

そんなに払うのは怖いという人は、100円ショップでもいいですし、
もっと安い場所でも無料で仕入れられるところも実はあるんです。

そこならリスクは正直ありません。

自分はそういうせどりを沢山やっています。

利益追求をとことんこだわります。

そして、自由な時間を作るにはどうしたらいいのかという事にも
徹底的にこだわります。

一生自分で商品を買って自分で出品して梱包して
売れるか売れないかを待つのは徐々に辞めましょう。

それは労働ですよ。

早く仕組みを作り自由な時間を作り、
本当にあなたのやりたい事をやってみるというのはいかがなもんでしょうか?

人生一度きりです。

後悔はしたくないけど、楽しい人生を公開はします(笑)

ダジャレですいません。こんな人なので。

おかげさまで、AMAZON、タワレコ、itsunesでCD発売もさせていただきましたし、
全国ツアーも体験できましたし、マジシャンとしてステージにも立ちますし、
演劇で市民ホールで舞台もやらせていただきましたし、
会社を経営する社長もやらせてもらいましたし、ビジネス雑誌にも
載りましたし、本当人生楽しんだもの勝ちだと思います。

そんなようになりたい、何かにチャレンジしたい、お金を稼ぎたい
などなど、せどりとリアルビジネスの情報満載で発信していきたいと思います。

そんな自分で、すぐ物なくしたり、だらしがないおっちょこちょいなんですが、
皆様よろしくお願いします。